レッツ2 駆動系トラブル 

こんにちは、今回は、スズキ レッツ2の駆動系のトラブルの修理のご紹介です。
お問い合わせは、クラッチが切れずアイドリング状態でも、バイクがするすると進んだり、走行しブレーキをかけ止まるとエンジンも一緒に止まってしまうとの症状でした。

内容から考えるとクラッチのスプリングが切れている状態なのだとは思い、一旦車両をお預かりし修理を進めることにいたしました。

分解すると確かにスプリングが2個あるうち1個が無くなっていました。

ただ他の異変も見つかりました。

後側のプーリーのトルクカムの部分が損傷しておりました。
トルクカムの溝のすり減り段付きがあり、ピンを止めているスリーブにも穴が開いておりました。
これではスムーズな加速が出来ない状態ですね。

お客様にお見積りをして相談の結果すべて修理することになりました。
ついでにドライブベルトもひび割れが多く入っていたので交換もさせて頂きました。

修理を行い、エンストもなくスムーズに加速するようになりました。

最新情報をチェックしよう!