長岡京市 マグザムの始動系の出張修理

こんにちは!

今回は長岡京市からヤマハ マグザムにお乗りのお客様よりご依頼です。
セルがカチカチと音がするだけエンジンがかからないとのご要望でお伺いいたしました。

まずはバッテリーを疑います。
バッテリーの端子から粉が付着しており古く劣化していることは分かったのですが、電圧はギリギリ大丈夫なレベルでした。試しに交換をしてみます。

しかし、状況は変わらずバッテリーが原因ではないようです。
何回かセルを押すとにたまにモーターが回ります。
原因を探るため点検を行うと、バッテリーからセルモーターの途中で電気が流れていないことがわかりました。

不良部品はセルモーターリレーというものです。
これはセルモーターへ送る大電流を入り切りするコントローラーの役割をしています。
カチカチなるのはこの部品からなっているのです。
状態としてはこのリレー内の接触不良かなにかで電気が流れなくなっているのでしょう。

取り寄せの部品の為、お客様へご報告し後日修理となりました。
あわせて、バッテリーも劣化しているのと、セルモーターもたまに回った時に少しジャリジャリと内部のベアリング不良のような音がしていたので、交換をすることになりました。

後日部品が揃い早速修理開始です。
マグザムのスターターリレーはフロントカウルの奥地に潜んでいます。
外装を分解していきます。
なぜスターターリレーだけフレームの外に追いやられているんでしょうか…。
バッテリーに近くならここまでばらさなくて済むのに…。

右が新品

外したスターターリレーの端子に右側は何やら緑色に腐食していますね。

ここまできたら端子を外し交換し、外装を元に戻すだけです。
マグザムはビッグスクーターの中でも比較的分解しやすいほうでスムーズに進みます。

次にセルモーター交換です。

セルモーターはメットインを外しスロットルボディ下に潜んでいます。

スロットルボディーを外すのに時間がかかりますが、スロットルボディが外れたらセルモーター交換は簡単です。
今回は、お客様とも相談し純正品ではなくローコストの社外品に交換していきます。
値段は約1/3ほどに抑えられます。※但し、品質保証は出来ない点はご注意ください。

左が社外品新品セルモーター

セルモーターを交換し、スロットルボディーを軽く清掃し、組付け作業が完了しました。
セルボタンを軽く押すだけでギュンギュン元気に回りエンジンを始動できるようになりました。
お客様にも満足して頂きよかったです。

終わってからしばらくするとにわか雨が…。作業中じゃなくてよかったです。
この時期天気が不安で困ります。

またのご利用お待ちしております!!

最新情報をチェックしよう!