リード110燃料ポンプ不調

燃料ポンプ不良 リード110 燃圧計製作

今回は、ちょっといつもと違います。

最近ときどき、エンジンの吹けが悪く、加速出来ないという症状が出てきているホンダのリード110前期 走行距離4万Km

ちょこちょこと原因をさぐっていたのですが、駆動系はオーバーホール済み。
エンジンの圧縮・点火・吸気系はおそらく経年相応ですが、問題なさそうなレベル。
だんだんと燃料ポンプを疑っていたのですが、作動音はしているし、エンジン始動出来ないわけでは無い。

リード110燃圧計
加速不良のリード110

いよいよ、気になる燃料ポンプ。

ただ、燃料ポンプが完全に止まっているわけでは無く、燃料の圧力不足の可能性があるので、それを見極めるには燃料の圧力計=燃圧計が必要。

この燃圧計がメーカーごとに違うのと、それぞれビックリするぐらい高いので、なかなか持っているバイク屋さんも少なく、知り合いのバイク店もことごとく持っていないとの事。

ってことで、作りました。

ホンダ用 燃圧計
ホンダ用 バイクの救急隊!ROSSO オリジナル燃圧計

いろいろな部品を組み合わせ、加工し完成しました!
とりあえず、ちょうど別の車両でタンクを外してるホンダ GROM(グロム)あるので、燃圧チェックをしてみました。

GROM 燃圧計 燃料ポンプ
GROM 燃圧チェック

漏れもなく、規定値の数値をキープ出来てます!

話を戻してリード110です。

メットインを外し、インジェクタ部の燃料ホースカプラは外し、『バイクの救急隊!ROSSOオリジナル燃圧計』を接続します。(※燃圧計に興味のある方はご連絡下さい。製作致します。

キーをON!!

ウィーーーーーン。

ポンプの作動音とともに上がる燃圧。

そして

作動音が消えると下がる燃圧。

こんなに状態だったのですね…。

リード110 燃圧チェック

ポンプが止まると燃圧がキープできずに下がり、エンジン始動も少し悪くなるわけですね。

さらに、始動後、ヘッドライトをハイビーム+ウィンカー+ブレーキライト点灯+加速を再現すると息継ぎするエンジン。

ポンプが寿命のようですね。

ひとまず原因が発見できてよかったです。
あとはポンプのお値段と相談ですね。

こんな修理も、コロナに負けずに頑張って修理致します!!
今後も、バイクの救急隊!ROSSOを宜しくお願い致します!!


ただいま、『祝!開業記念キャンペーン』実施中!!
出張料が最大  ¥1,500 OFF!!

詳しくは →コチラ!!←

出張修理のご予約・ご相談 ご遠慮なくお問い合わせ下さい!!

リード110燃料ポンプ不調
最新情報をチェックしよう!